赤ちゃんのお風呂の入れ方

病院から退院し、赤ちゃんをお風呂に入れるために、まず最初にしたのは、ベビーバスを膨らませることでした。

ベビーバスは、約0ヶ月から2ヶ月程までしか使用しません。
(なぜなら、それ以上の月齢になると赤ちゃんが大きくなるので洗いにくくなります)

また、ベビーバスをプラスチック製のものではなく、膨らませるものにしたのは、プラスチック製ですと場所を取りますし、使用後の置き場所が無かったからです。 短期間しか使わないので、親戚などのお下がりやレンタルでも十分です。

お風呂に入れる前の下準備が大切

ベビーバスにお湯を入れる前に、赤ちゃんのお風呂をスムーズに進めるための準備をします。
これをやっておかないと、赤ちゃんをお湯に入れてしまった後は、両手がふさがって何も出来なくなってしまうので大変なことになります。

まず、ベビーバスの近くにポンプタイプのボディーウォッシュとガーゼハンカチ2枚を用意します。ボディーウォッシュの泡タイプの方が洗いやすく、片手で作業するのでポンプタイプの方がやりやすいです。

ガーゼハンカチは、1枚はお湯に浸して絞り顔を拭きます。もう1枚は赤ちゃんのお腹に被せるためです。赤ちゃんは真っ裸の状態だと不安になるので、安心させるために被せます。
また、スムーズに着替えが出来るよう、コンビ肌着に短肌着の袖を通しておき、オムツも広げておきます。その隣にバスタオルも広げておきます。

いよいよ赤ちゃんの沐浴

さて、いよいよ沐浴のやり方ですが、我が家ではキッチンの流し台にベビーバスを入れてやりました。
お風呂場で入れてもよかったのですが、体を洗っている最中はずっと屈んだ姿勢になるのが辛いのでやめました。

ベビーバスにガス給湯器でお湯や水を入れ、温度計で水温を測ります。だいたい36℃から40℃くらいが目安です。
お湯の量はあまり深いと危ないので、ベビーバスの8割程の高さにします。

また、保護ネットがあると事故防止にもなります。(赤ちゃんが沈んでしまうのを防ぐ為、ベビーバスに引っ掛けて使用するネットです)

赤ちゃんの抱き方は、後頭部と首の部分を手で支えます。耳にお湯が入らないよう、親指と小指で耳を塞ぎます。
そして足の方から浸し赤ちゃんに声かけをしながらお湯に入れます。いきなり入れるとびっくりしてしまうのでゆっくりやります。

赤ちゃんの胸やお腹、頭を手で濡らしたら、硬く絞ったガーゼハンカチで顔を拭きます。
拭き方は、ハンカチの角を赤ちゃんの鼻にあてほほに向かって拭きます。同様に鼻から額、口元から耳へ流すように軽く拭きます。目じりや目元も指を細やかに動かして汚れを落とします。

あまり力を入れると皮膚がまだ弱いので傷ついたり、肌荒れを起こします。

体の洗い方は、手のひらにボディーウォッシュを付け首元を丁寧に洗います。首元はたるみも多く、汗も溜まりやすいので、頭を少し上向きにしてたるみひとつひとつをめくりながら洗います。

また、耳の後ろや肘、膝の裏などの関節部分、手のひらや股、脇も汚れが溜まりやすいので親指の腹で撫でるように洗います。
赤ちゃんの手がグーになっている時は、手のひらに親指をゆっくり入れると開きます。頭も撫でるように洗います。
背中を洗うときは、赤ちゃんの脇に手を入れ、胸の部分を腕で支えます。

赤ちゃんの鼻や口がお湯に浸からないように気をつけながら、後頭部と首とお尻(ここも汗が溜まりやすいので念入りに)を洗います。
泡を丁寧に落とし、すぐさま広げてあるバスタオルへ移動します。
ここでも、耳の後ろや首、関節部分や股を拭き残しがないようにします。

 

最後に保湿剤を体全体に塗り、肌着に着替えさせて入浴が終了です。

ページのトップへ戻る