赤ちゃんのスキンケア

生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚の厚さは大人(成人女性)の1/2ほどしかありません。

また生後3ヶ月から4ヶ月になると、胎内からもらっていた黄体ホルモンの働きで分泌されていた皮脂量も減少するので、皮膚のバリア機能が低下していきます。

また、汗が出る汗腺は体が小さいにもかかわらず大人と同じ量なので、とても汗っかきで新陳代謝が活発です。なので、赤ちゃんのスキンケアは大事です

1日1回は沐浴して清潔に

まず、清潔を保つことが第一なので、1日1回は赤ちゃん用の石鹸やボディーソープで洗います。
お母さんの手やガーゼ、柔らかいスポンジなどでなでるように洗います。

特に汚れがたまりやすい首まわりやお尻、股などのしわやくびれの間も親指や人差し指で念入りに洗います。
また、洗う人の爪が伸びていると赤ちゃんの敏感な皮膚を傷つけやすいので、短めに切って整えます。

石鹸やボディーソープが残らないようにきれいに洗い流したら、バスタオルなどで軽くおさえながら体を拭きます。
ゴシゴシと強くこすると、デリケートな赤ちゃんの肌が傷ついてしまうので注意します。
さらに詳しい赤ちゃんの入浴方法はこちら

お風呂からでたあとは保湿

お風呂から出た後は乾燥しやすいので、保湿効果のある赤ちゃん用のローションやクリームを塗ります。

スキンケアに大事なローションやクリームの選び方は、まず低刺激性のもので皮膚アレルギーの成分が入っていないか確認します。

商品の裏には必ず成分の表示が書いてあるので、着色料や香料、パラペン(防腐剤)が含まれていないものを選びます。

市販品のローションやクリームを使用する場合は、腕や膝の裏側などに少量を1日から2日塗ってみて、ポツポツや発疹が出ないか確認してから体全体に塗ります。

また、乳児発疹や赤ちゃんが頻繁にかゆがって爪などで掻いてしまう場合は、小児科や皮膚科を受診し塗り薬を処方してもらいます。

よくスキンケアグッズで「医薬部外品」と表示されているものがありますが、これは特定の目的に対して効果があると認められている有効成分が配合されています。

あと、夏に比べて寒さが厳しくなる冬は低温で皮膚がガサガサしがちなので、1日1回ほどの入浴でほこりや汚れを十分に落とし、クリームなどで保湿します。

また逆に、夏場はおしりかぶれになりやすい時期なので、おむつ替えのたびにお湯で軽く洗ったあと、うちわや扇風機で股をよく乾かしてからクリームを塗ります。

よく乾かさないままにおむつを穿かせると、おむつの中が蒸れてかぶれが治りにくくなります。 さらに子供の乾燥肌 保湿を知りたい場合はリンク先の記事がとても参考になります。

衣類による肌荒れもあります

最後に、敏感な赤ちゃんの皮膚を守るためには、スキンケアも大切ですが、肌が直接触れる衣類にも注意が必要です。

綿などの自然素材のものを選び、やわらかくて肌触りの良いものを着せます。

また、汗もかきやすいので肌着(キャミソールやYシャツ)などを着せ、夏や暖房がよく効く冬場でもこまめに着替えをします。

ページのトップへ戻る