赤ちゃんの爪切り耳掃除の方法

赤ちゃんの爪切り方法

まず、生まれてすぐの赤ちゃんの爪は当然切られていないので、かなり伸びています。
その伸びた爪で顔を掻いたりするので、あっという間に引っかき傷ができてしまうことがあります。

ですので、お産入院するときは、赤ちゃん用の爪切りも用意した方がいいです。(赤ちゃんの衣類やおむつなどに気を取られがちですが)
赤ちゃん用の爪切りは、ドラックストアやベビー用品売り場などで販売されています。

また、赤ちゃん用の爪切りは、先が丸くなっていて使用しやすいですし、安全です。決して先端が尖ったまゆ毛切りや大人用の爪切りで代用するのは非常に危険ですのでやめましょう。

 

手の爪は赤ちゃんと向き合う位置だと切りづらいので、頭をお母さんのほうに向けた膝まくらや、お座りが安定してきたら膝に座らせて切ります。

爪の切り方は、お母さんの親指と人差し指で赤ちゃんの指を固定し、角から少しずつ丸く切るようにします。
横一直線で切ろうとすると、深爪することもあるので注意が必要です。

爪を切る時期ですが、お風呂上りは水分を含んでやわらかくなっているので、避けたほうが無難です。

いちばんいいのは、赤ちゃんが寝ているときなのですが、途中で起きてしまったり、動きが激しくなる場合は中断して、翌日などに切るようにして臨機応変にやります。

足の爪を切る場合は、手のときと逆で赤ちゃんの足元へ移動してやると切りやすくて安全です。
足を握って安定させ、親指で赤ちゃんの指を立てるようにすると切りやすいです。

赤ちゃんの耳掃除の方法

耳あかはもともと、耳のなかの分泌物や剥がれ落ちた表皮やほこりからできています。
できた耳あかは耳の皮膚を保護する役目もあり、耳本来の自浄作用で自然に耳あかが外側に出てきます。

ですので、耳掃除は毎日する必要はなく、月に2回から3回ほどで十分です。
赤ちゃんの皮膚はとてもやわらかいので、綿棒などで強くこすると傷ついてしまいます。

赤ちゃん専用の細い綿棒や綿棒の先にあらかじめオイルが塗ってある綿棒を使って掃除します。
まず、湿らせたガーゼで耳の周りや耳の裏をやさしくこすって汚れを拭き取ります。

そして、綿棒の綿の部分を短く持って、耳の窪んだ部分や耳の穴の入り口付近を綿棒でそっとこすって汚れを取ります。
この時、耳の奥も綿棒で掃除したくなるかもしれませんが、上記のとおりに耳まわりのみで十分に汚れが取れます。

もし、どうしても耳の奥のあかも取りたい場合は、耳鼻咽喉科や小児科などでピンセットを使用して取ってもらうこともできます。

これも、保険適用内で済むようです。
何か他の病気で病院に行くような時に、ついでに耳あかを取ってもらいましょう。

ページのトップへ戻る